トップページ
はじめに
センター概要
社会復帰への取り組み
面会予約

             

              
施設の概要
組織警備体制地域刑務作業募集

 

 施設の概要
         
 

敷地面積

126,000m²

建物面積

延 47,000m²

総工費

121億3,500万円

収容定員

1,000人
(うち特化ユニット120人)

 

 


 

 

  播磨社会復帰促進センターでは,犯罪傾向が進んでいない26歳以上の男性受刑者を収容します。刑務所への収容が初めてで執行刑期が1年以上8年未満であること,集団生活に順応でき,心身に著しい障害のないことなどが条件になっています。

また,収容定員1,000人のうち120人は特化ユニット対象者として精神疾患や知的障害のある受刑者を収容し,特別なプログラムにより各種処遇を行います。

国の職員は約150人ですが,このうちの100人以上は被収容者の処遇や警備を行う処遇部門の職員です。民間の職員には,総務系業務などのほか,構造改革特区制度を活用することで,新たに受刑者の行動の監視や健康診断,社会復帰を支援するための教育プログラムや職業訓練の実施等の業務を委託できるようになりました。
 

 


   


国民に理解され,支えられる刑務所


官民協働

 PFI方式(Private Finance Initiative)を採用することにより,民間のもつノウハウを積極的に導入し,業務の効率化と質的向上を目指します。また,受刑者の人間性の尊重と円滑な社会復帰に向けて支援を行います。さらに,広報活動を推進することにより,行政サービスの透明性を確保します。

地域との共生

 当センターの運営は,加古川市が構造改革特区の認可を受け,大幅な民間委託が可能となったことから,地域雇用の機会の拡大,地域社会資源の有効活用が見込まれるとともに,刑務作業を通しての地元企業の活性化,地域で行われる行事等への積極的参加などを通して,地域社会に貢献し,地域との共生を図ります。

 

Copyright © Harima Rehabilitation Program Center. All rights reserved.